Catalyst 🌸 Megu

カタリストめぐは、成長したい女性に自立と豊かさの " きっかけ ” をお届けします☺️💕 あなたの心のキャリアアップを目指し、一緒に成長していきましょう🌟

女26歳。今から始めては遅すぎますか?

f:id:megu8706:20191214152404j:image


1821年(日本では江戸時代)、エリザベス・ブラックウエルはイギリスで生まれます。

父の仕事の都合でアメリカに移住。17歳で教職につきました。

彼女は、ある日末期の女性患者から

「もし女性医師がいたら、わたしは辱めを感じることなく、心穏やかに最期を迎えることができたのに」と聞きます。

 
そのことばは、彼女の、いや世界を変える、大きな大きな「きっかけ」になります。

 


時代は江戸時代。

26歳の彼女は、結婚、出産が当たり前の年齢から転職活動を始めます。


最も先進的だったアメリカでも、女性医学生は一人もいません。


アメリカ中の医学校に願書を送りますが、11校から断られました。


「女性が医療を行うなんて不潔だ。」


エリザべスの転職活動は失敗の連続です。


12校目、理解ある教授の口添えで、ついにニューヨークの医学校に入学。


28歳、世界初の女性医師が誕生しました。

 


しかし、わずか1年後ウィルスが目入り、左目を失明。

 


せっかく転職して手に入れた外科医の夢が、1年で失われるのです。

 

絶望のどん底の彼女に2つ目の「きっかけ」を与えたのは、看護師の母ナイチンゲールでした。


彼女からの刺激を受けエリザベスは、世界初の女子専門の医科学校を設立します。

 


努力して、努力して習得したものが突然失われることはよくあります。


自暴自棄になりがちです。


しかし努力を続ければ、必ず手を差し伸べる応援者は現れるのです。


女性のための医療学校は、アメリカ、そしてイギリスでも開校され、多くの女性医師が育っていきました。

 ★26歳から夢に挑戦するのは、遅すぎますか?

★夢を叶えても、1年後に失ったら絶望しか残りませんか?

200年前の女性が、まずは12回試してごらんと言っていますよ🌸

 

カタリストめぐは、

成長したい女性に自立と豊かさのきっかけをお届けします!

あなたの心のキャリアアップ目指し、一緒に成長していきましょう!!